巻誠一郎選手 引退に寄せて

また一人、あの時代を知る選手が現役を退く。

 

その中でも、巻誠一郎に特別な思いを抱くジェフサポは多いだろう。
オシム監督の下、ジダンのような技術は無くとも、自らの武器を磨き、愚直に、常に全力で走り、身体を張り、戦い続けた姿。

 

初めての栄冠をもたらした、ナビスコカップでの最後のPK。
ワールドカップ代表を掴み取った、フクアリ・浦和戦のゴール。

 

そして、2008年。
チームが中からバラバラになった時、ジェフを見限らず、泥舟に敢えて残ってくれた。
本当に嬉しかった、有り難かった。
負け続けた。本当に苦しい中でも諦めずにチームを、サポーターを鼓舞し、最終戦、絶望的な状況からの逆転勝利に繋げた、谷澤へのアシスト。クロスを跳ね返し続けたディフェンス。

 

どのシーンも、綺麗ではなく、泥臭くて、熱いシーンしか思い出せない。
そう言う巻のプレーが好きだったし、その巻に象徴されるような、がむしゃらで、必死に戦うジェフが好きだった。

 

心からありがとうと言いたい。

 

これから、第二のサッカー人生が、実りあるものになりますように。
第二、第三の巻誠一郎の「魂」を持つ選手を、世に送り出してくれる事を期待しています。