雑感

1/32ページ

高橋GM退任。そして何が残ったのか。

11月27日(金)、クラブから高橋GM退任のリリースが発表された。 2015年の秋にGMに就任し、J2で7年目となる2016シーズンからチーム作りに携わって5年。 低迷からの脱却、新しいジェフの骨格を作る事を期待されたが、結果を出すことは出来なかった。 振り返って、彼は就任当初、的確にチームの問題点を指摘し改善にも当たっていたと思う。 その方向性がはっきりしたのが、2017シーズンのエスナイデル監 […]

ジェフを守るため、フクアリで試合を観よう

Pickup 雑感

タイトルの通り。 今季残りのフクアリでのホームゲーム。 とにかく出来るだけ現地でチームを応援する事を改めてジェフサポの皆にお願いしたい。 コロナウイルスの影響で、組み直しを余儀なくされた2020シーズンも残り2か月。 無観客開催が続く欧州や南米とは異なり、Jリーグは関係者の慎重な判断と周到な準備、その努力の甲斐もあって、我々サポーターはスタジアムで試合を観る事が出来るようになっている。 が、様々な […]

今のジェフには「芯」がある

  • 2020.09.04

勝てていないが、試合ごとに成長が見える。 それだけに、一つ勝てば、それが自信になって一気に連勝もあると考えてる。 守備の土台は出来つつあり、攻撃の幅も増えた。 後は、決める、守り切る、最後の詰めだ。 自信を持て。迷うなよ、選手たち。 出口はすぐそこだ。#jefunited #ジェフ千葉 — ruin (@jefspirit) September 2, 2020 このツイートで書いた事をもう少し深掘 […]

勇人への期待

1月22日、勇人の新しいポジションが発表になった。 「クラブユナイテッドオフィサー(CLUB UNITED OFFICER)」 初めて聞くこの役職は、「社長付として多岐にわたるクラブ内の組織同士や、クラブとクラブを応援してくださる皆さまをユナイテッド(結束)させ、クラブ全体が一丸となって活動するための推進役としての機能を果たします。」と説明されている。 その活動の範囲は、主な業務として挙げられてい […]

江尻前監督の東京Vの強化部長就任に思う

少し前の話になるが、 2020年のチームが始動して4日目に、驚きのニュースが飛び込んで来た。 千葉公式 2019.1.9 江尻篤彦前監督の去就について 江尻前監督が東京ヴェルディの強化部長に就任するという。 昨年の時点では、退任後も何かしらのポジションでジェフに留まるとリリースがされていたものの、急転直下。 おそらくは江尻さん自身のプロとしての決断でこのような事になったのだろう。 同カテゴリでジェ […]

2019年シーズン総括 チームとしての「芯」を再び求めて

  • 2020.01.05

年が明け2020年1月。 遅くなってしまったが、2019年を振り返ってみる。 その前にちょうど一年前。 2018年シーズンの振り返りは、『「理想」と「現実」との狭間で』と言うタイトルで書いていた。 エスナイデル監督の目指した理想のサッカーと、 チームとして目指すべき現実的に勝てるサッカー、 その折り合いをどうつけるか。 それが出来ずに過去最低の成績に終わった2018年。 2019年は、その反省を生 […]

尹晶煥監督招聘の狙いと、監督選びについて

  • 2019.12.04

最終節が終了直後の11/24(日)、尹晶煥監督の来季新監督内定が発表され、翌日には早速、就任記者会見が行われました。 J2残留が確定し、江尻監督の今季限りでの退任が発表される一か月前の10月半ばから、韓国経由で噂が流れていたので、候補選定、交渉も含めると、クラブとしてはかなり早い段階で、来季は監督を再び変えてリスタートする考えであったように思います。 (江尻さんの就任の経緯を考えると引っかかるもの […]

江尻監督就任後のチーム作りを振り返る

  • 2019.06.07

長崎戦のレポートで触れた、江尻監督のチーム作りの過程について、 ここまでの12試合を順を追って振り返って考えてみたいと思います。 就任後の成績は、ここまで4勝4敗4引き分け。 直近の長崎戦は大敗した事もあり、厳しい声も耳にしますが、難しい状況でチームを引き受けた江尻監督。 ここまでは段階を追って、冷静にチームを立て直しているように映ります。 12試合を3つの段階に区切って考えてみます。 <第一段階 […]

1 32